葬儀について知っておくべきこと

葬儀が表す言葉の意味

葬儀とは、どの儀式を指すものなのかは議論が分かれるところで、難しいです。参列者のいる儀式のことのような気もしますし、人が亡くなってからの通夜、火葬も含む一連の儀式全てを葬儀というような気もします。どちらが正しいのかというと、実はどちらも正しいのです。しかし、最近では直葬と言って通夜、告別式を行わず、家族や親しい人が集まって、火葬のみでお見送りするやり方や親族のみでお見送りする家族葬があったりするので、こういった言葉に混乱を招いているのかもし知れません。

ここで、大まかに意味上で二つに分けてみます。一つ目は、参列者で故人を悼む儀式を葬儀という、二つ目は亡くなった直後から荼毘に付されるまでです。一つ目の故人を悼む儀式を葬儀という意味です。これは議論が分かれるところでもあるのですが、一般的に荼毘に付される前に営む儀式を葬儀というということが多いのでそれでも良いとされています。ただし、東北地方では、荼毘に付されてから、式を行うという地域がありますように地方によって多少の違いがありますから、この辺りは要注意です。そして、二つ目の意味での葬儀は亡くなってからの一連の流れのことです。例えば、葬儀日程といいますと、通夜やその後の儀式をいつにするかということのみではなく、通夜やその後の式など全てにおける一連の流れをいいます。

言葉で生じる困ったことについて、考えてみましょう。たとえば、葬儀のハガキをもらって困ったことはないでしょうか。参列は控えてほしいという内容などであったら、どうしたら良いものか、困ってしまうという人は多いでしょう。この場合は儀式のみ遠慮してほしいということなのか、通夜も含めて遠慮してほしいということかで、対応が変わります。たとえば、もしも、そのハガキに通夜の日程が書かれている場合、儀式の参列は控えてほしいが、通夜には来てほしいという事です。その逆で、ハガキに日程等の記載がなければ、一連の儀式への参列を遠慮してほしいという事でしょう。

また、もしもハガキに式の始まる時間が指定されていたら、その時間に行けば、お顔を見てお別れできるかどうかということ、つまり荼毘に付される前の時間で良いのかという疑問もあります。これは地方によっての違いがあり、東北の一部地域では、火葬が先なのでお顔を拝めないでしょう。この辺りは確認が必要になります。このように、葬儀とは儀式のみをいうことも、通夜、儀式、火葬といった一連の流れを言うこともあるので、その都度においての解釈が大事です。

最新投稿